コミュニケーション

自分ダメだなーって思う時は欠けているものがあります。

自分がやさぐれている時。なんでこんなにブルーになってるんだろうと思う時。

心の部分に欠けているものがあります。

それは相手への思いやりと自分へのいたわりです。

思いやりが適当になると心は寂しくなりモチベーションも下がってしまいます。
そして自分を大事にできていないと自信が持てなくなります。

気分を高めたい時は相手との繋がりを再確認するべきです。
そして自分と向き合うことです。

自分の心を明るくしてくれるのは繋がりと自信です。

今回は繋がりの大切さと自分へのいたわりについて記事にしていきます。

相手を思いやれない自分の弱さ・・・


自分自身の心が弱っていると相手を思いやれない時があります。

その気持ちは相手ももちろん持っています。
なぜ心が弱るのか・・・それは相手に依存しているからだと思います。

相手が自分のことをどう思っているかが気になってしまう・・・これが自分の心を弱くしてしまう原因だと思います。

相手に依存する必要などないのになぜ人は相手を求めるのか。

もっと自分を強く持ち!自分自身を表現できるようにならないといけないと思います。

簡単な方法としては自分の考えを相手に伝えることです。
自分の考えを堂々と伝えることが大事になってきます。

相手への依存を無くすには


伝えた時に自分がどう思うかで今の自分の気持ちの強さがわかってくると思います。

伝えた時に相手の気持ちを気にしてしまったらあなたは相手に依存してしまってることでしょう。

この依存体質を直す為には常に自分を表現することです。
これを繰り返していけば相手の気持ちを考えることがもったいないということがわかると思います。

相手を思いやるということは自分の言いたいことを堂々と言えることです。

依存することとは違います。
常に自分の考えを持ち、しっかりと相手に伝えることが最高の思いやりに繋がるのです。

相手のことをを考えるなら自分の言いたいことをしっかり伝えることが大前提です!

じゃないと本当の思いやりはできないと思います。

本当の思いを大切にしていきましょう


心はとても正直ですから少しの違和感でもすぐにおしえてくれます。
いつもと違う・・・自分を隠していると心はすぐに教えてくれます。

その違和感に常に敏感になりましょう。
違和感はあなたを最高の存在にしてくれます。
その違和感を無視するとつまらない人間になってしまうかもしれません・・・常に自分の直感を大切にしましょう!

とにかく今の自分に嫌気がさした時は。
相手への思いやりと自分自身へのいたわりを大事にしましょう。
心は正直です。無理せずにありのままで生きて生きましょう!